自分改造ブログ

社内IT部門(情報システム部門)担当、日々の悩みや葛藤 その中で、本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

すごい効率化 by 金川 顕教

f:id:ncpapa:20170918104737j:plain

はじめに

この本よいです。

仕事の効率化をシンプルにわかりやすくまとめていると思います。

入門書としてだけでなく、普段忘れている合理化を思い出すために読む直すもよし。

結構こういう本読んでるほうなんですが、なるほどと思う部分も多く書かれていました。

タスク管理などの細かなやり方などは別の本で学ぶとして、効率化の全般という意味で非常によい本であると思います。

気になるポイント(本書抜粋)

  • 仕事環境を整える。 → 作業場所を変える。
    朝夜に職場ではない家でもない自分の場所を用意すること。
    家はくつろぐ場所のため気合が入らない。
    毎日必ず集中する習慣を作ることができる、そのためのしゅうかんを作ることが大事。

 

  • 朝活、夜活の時間をそれぞれ30分づつでよいので確保する。
    自分専用の場所で30分間集中するのだ。

 

  •  30分以上はやらない。それ以上だと無駄な情報をみようとしたり、集中力が途切れる。これ以上は続けないこと。逆に疲れる。

 

  •  朝活 ・・・ 本での情報収集、しないことリスト、PDCA(CAPD)のチェックをする。

 

  •  ペーパーレス化を徹底すること
 
  • パソコンは半年に1度くらいをめどに買い換えるべき。とにかく早く動くようにメンテナンスをすることをおろそかにしないこと。
 
  • ショートカットキーを壁紙にする。単語登録は最低100以上を登録すること。
 
  • しないことリストの例
    ・ランチのときは作業をしない
    ・20時以降は仕事をしない
    ・メール処理は30分以上はしない
    ・マウスは使わない
    ・進行中の仕事が終るまでは他のことには手をつけない。 など
 
  • シンプルになったタスク管理はかならずランク付けとスケジュール化を前提に行う。
 
  • 自分の仕事と他人からの頼まれ仕事は、他人の仕事を優先すべし。
    *その仕事が全体の流れをとめるかどうかで判断をすること。
 
  • 小さなことでも、たとえば会議室の予約や探す行為など、だれがやっても同じクオリティのものは出来るだけ人に任せること。
 
  • 1週間でだれとどれだけ話しをしたかログをとること。チームとのコミュニケーションアップで質を上げること。なんとなくチーム仕事を見える化して、チームでやっている感をアップさせる。
 
  • 合わない人とのみに行く。飲むまでもなく、ランチでもよい。なるべく横に座ること。

 

まとめ

いつも思うんですが、本を読むのは結構時間かかるんです。
しかも、そこからポイントとなるであろうか箇所をまとめるのも当然時間がかかる。
でもね、それをまとめてしまったやつを読むのってすぐなんだよな~。
重要なことなんだけど、投資対効果あげるにはいまひとつ感もある。
でも勉強し、自分の習慣にしないとなんにも変わらないどころか退化するだけ。
このあたり自分への効率化をしっかり意識煮ながら行動しないと結構大変ですw