読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分改造ブログ

本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 池上 彰 (著), 佐藤 優 (著)

f:id:ncpapa:20170206221859j:plain

はじめに

この本は、池上さんと佐藤優さんの対談方式の本で、お二人がどうやって情報を取得し勉強しているかがわかる本です。
この本を読むを、新聞、雑誌、書籍の重要性が改めてよくわかり、早速、今まで以上にしっかりと新聞を読んだり本を読んだりしなければならないと感じました。身が引き締まります。
本を読んでいたるところで驚いたのですが、お二人の平均睡眠時間は約4時間。まねようとは正直思わないのですが、自分ももっとがんばらないとそもそもはるかに知識不足なのにとちょっとつらくなります。
本書の中で気になった箇所をいくつか抜粋します。
 
  • 新聞 → 世の中を知る
  • 書籍 → 世の中を理解する この2つの繰り返しが必要
  • 基礎知識は教科書、参考書から学ぶこと
     この2人のレベルですらこういうことを言うんだと思いました。
     文中に、スタディサプリの話がありました。
     スタディサプリとはリクルートが運営するWEBの勉強サイトです。
     小学生向けから大学受験向けと非常に幅広く勉強できるサイトで、教えることが非常にうまい先生の録画授業が受けれるものです。
     このサイトが非常によいと、ビジネスパーソンが基礎知識を強化するにはものすごくよいといわれています。
     しかも佐藤はこのサイトは1日最低でも30分、多いときに2時間は見るそうです。
     ほとんど受験生じゃないですか・・・
     普通の本を読むだけでなく、こういうところからも基礎知識を今でも勉強されている、、、子供に勉強しろなんてえらそうなこと言えたものじゃないなと自分が情けなくなりました。
  • 1日5分でもよいから新聞に目を通すこと
  • 情報や知識はやはり身銭を切らないと身につきにくい
     この人でもこういうこというんだと正直ちょっと安心感。人間って結局そういうものなのかも知れませんね。
  • 新聞、雑誌のスクラップは、きちんと記事を読んでからスクラップするという最低限の基本ができてない人が多い。
     あとで読むサービスにばっかり登録していて満足してちゃいけないなと反省しております。
  • 本は迷ったら買うが原則、本の情報は安い
     これは思いながら実践してきています。が、はやり断言されるともっともっとがんばって本の幅を広げなければと思います。
  • 佐藤さんは1日4時間はインプットの時間を死守するように自分に課しているそうです。
     そりゃ、睡眠時間も短くなりますね。でも、すごいです。ちょっとすごすぎます。
     毎日、受験生の天王山状態じゃないかな・・・
     確か佐藤さんって息子さんもすごかったような・・・
     こういう教育なんだろうな。努力なくして成功なんてないし、ましてそれを継続できることがものすごいことだと思います。
 

まとめ

本当にこの本はよかった。
甘えている自分にカツを入れてくれるような本でもあり、効率的な読み方(といいながらストイックですが)を教授してくれるすばらしい本です。
さすが、この2人が対談すると、その辺のサラリーマンが飲み屋で話している内容とはぜんぜん違います。
2人には負けますが、私もいっそうがんばっていきたいとカツが入りました。