自分改造ブログ

本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

この秘訣が幸せな人生をもたらす!心の若さとみずみずしい体を手に入れる方法

f:id:ncpapa:20150728223448j:plain

病気にならない生き方

いつまでも若々しくありたい。そんなすべての人の願いをかなえるための本。

腸という大事な器官について、色々と教えてくれます。

自分がお腹があんまり強いほうではないので、購入して読んでみました。

なるほどと気になることばかり記載されてました。

 

いかに少し、気になった一部を引用します。

■老化とはエンザウムパワーが衰えること。(エンザイムは酵素)生物の細胞内で作られるタンパク質の触媒の総称。体内における物質の合成や分解、消化、排出、解毒など、およそ生命を維持するために必要な活動にはすべてエンザイムが関与しています。

■この世に実年齢より若々しい人などいない。いるのは実年齢にふさわしい人と、それより老けている人だけ。

■肌を見れば腸の年齢もわかる。実年齢より老けて見える人は、腸相もよくない。

■腸相が悪化した時、外から見える部分でもっともおおきく変化するのは、実は肌。

■腸トラブルを抱えている人の肌には、必ず何らかシグナルが表れている。同様に外的要因でない肌のトラブルは腸になんらかの問題があります。

 

 

?



■腸は善玉の腸内細菌によりエンザイムを作りだし、私たちの健康維持を助けてくれる大切な常在菌が数多く住んでいる場所です。その腸内の環境が悪化すると、常在菌も善玉菌優位から悪玉菌優位へと変化するため、生産されるエンザイムのパワーが著しく低下します。

■腸は、全身を網羅する免疫システムの司令塔の役目を担っています。

■腸は脳の支配下に位置しない不思議な臓器です。

■運動をしてすぐに疲れていまう人はほぼ間違いなく水分不足と考えられます。水分不足により十分な栄養と酸素が供給されないために筋肉や細胞が十分に働けず、すぐに疲労してしまうのです。

■お茶やコーヒーはたしかに多くの水分を含んではいますが、同時に自然の化学物質も含んでいます。コーヒーでだいたい27種類くらい、お茶にはおよそ265種類くらい含まれているそうです。そのため体が必要な水分を得るためにはそうした不純物を濾過し毒性のあるものは解毒することが必要になるので、多くのエンザイムが消費されてしまいます。

■エンザイムの活性を妨げる原因で最大のものは血行不良です。改善のもっとも効果的な手段は水を飲むこと。

 ちょっと長めの本で、読むのは少々時間かかりました。。。私は。

普段あまり読まない系統の本だからかな。

腸というのは、第2の脳と呼ばれていたり、本当に重要な器官であると思います。

本書に書かれていることをいくらか実践して、少しでも若返り、というか健康になっていくことを考えて行動したいと思います。

病気にならない生き方 3 若返り編 (3)

病気にならない生き方 3 若返り編 (3)