自分改造ブログ

社内IT部門(情報システム部門)担当、日々の悩みや葛藤 その中で、本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

会話の続かない人。 誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール

f:id:ncpapa:20150907093755j:plain

個人的に話をするのが苦手です。
比較的決められた話、プレゼンとかそういったものは得意ではないですが、下手とはいわれないほうです。
しかしながら、どうでもよい日常会話というものはものすごく苦手です。
そういう意味では、女性はすごいなーと思います。
おばちゃんにしても若い人にしても、ほんと話だけでいくらでも時間を使える。
それがどうも理解できないほうです。

 

普段仕事で、結論を急いでしまう傾向があるからなのか、話の内容に興味が薄いと会話が止まってしまう傾向が強い。

そんな苦手エリアを改善するためにとった本です。

 

本書は、「今日からどんな人とも楽勝で会話が続きます!」といううたい文句で、会話継続の簡単な基本パターンを教えてくれます。

 

「相手がノッてこない」「次の言葉が出てこない」「知らない話題だとついていけない」「沈黙から抜け出せない」「盛り上がるネタがない」・・・。

 

男性のほうがこういう悩みが多いのではないかと思います。
その秘訣。本書の一部を引用します。

 

?

 

■秘訣は「気持ち」を伝え合うことだった!なお、ぜひとも知っておいてほしいことがあります。

 それは、会話で伝え合っているのは自分と相手の「気持ち」だということです。

 

→ 仕事内容であるならば、それは中身の話がメインですが、会話は違う。
  内容ではなく、気持ち。気持ちが伝わっているという共感ですね。

 

■どんな「聞き方」をすればいいのか見ていきましょう。
たとえば、会社の同僚から、「昨日は定時で帰れると思ったら、課長につかまって3時間も残業だよ」と言われたら、あなたならどんな言葉を返しますか。
このとき、「どんな仕事だったのか」「その日はなにか用事があったのか」「抜け出す口実はなかったのか」などと、話を前に進める質問をするのは、少し待ってほしいのです。
聞き上手はここで「相手の気持ち」に焦点をあてます。なぜなら、聞き手が一番わかってほしいのは「出来事のあらまし」ではなく、「そのときの気持ち」だからです。

 

■「大変ですね」「よかったですね」は原則禁止
 共感の言葉で最も多用されているのは「大変ですね」でしょう。「今日は残業なんですよ」「大変ですね」「子供が4人もいましてね」「大変ですね」
 「1ヶ月で200ページの本を書き上げなくてはいけないのですよ」「大変ですね」
 こんな具合に、なんでも「大変」「大変」というワンフレーズで会話をしのごうとする人が目につきます。
 「大変」とは「大きく変わる」と書きますから、「地震で家が倒壊した」「妻に逃げられて子供2人を育てていかなければならない」など、大きな苦しみをともなう事態に使う表現だと思います。
 それをなんでもかんでも「大変」と言ってしまうものですから、言われた方では「本気でわかってくれてはいない」と受け取ってしまうでしょう。

 

→ よく聞く言葉です。これダメなんですね。

 

■かけてもらえると嬉しい言葉は?
 会話力をつけたければ「大変」にかわる表現力をつけることです。
 「今日は残業なんですよ」と言われたら、「それはしんどいですね」でしょう。
 「子供が4人いましてね」であれば、ネガティブにとらないで、「それは楽しみですね」のほうが、話し手は嬉しいはずです。
 「1ヶ月で200ページの本を書き上げなくてはいけないのですよ」と言う人には、「さすがですね」という賞賛の気持ちをぜひ送ってあげてください。

 

→ 否定系を協調するのではなく、それはすごいに置き換えてますね。

 

■「降水確率何%だと、傘を持つ?」
 いつでもあなたを助けてくれる、話がはずむネタを1つお教えしましょう。
 お天気に絡む話は、誰にとっても共通していて気軽に話せる話題です。
 そこで「雨の日、あなたはどんな人?」というテーマで、話を見つけてみましょう。
 条件は、ほとんどの人にあてはまり、そこに人柄が出ることです。
 「雨が降りそうな日(まだ降ってはいない)、出がけに傘を手にするのは降水確率何%か?」
 こういうテーマで会話をすると、互いの個性が表れますし、思わぬエピソードが飛び出したりして、話しやすい雰囲気が生まれます。
 一般的には、降水確率30~40%で傘を手にする方が多いようです。

 

→ 天気の話は一般的ですが、この切り口だと会話が弾む、続く可能性が高いの間違いなしですね。

 

■話し手のイメージをふくらませる尋ね方をしよう。
 「先日、スーパー銭湯に行ってきました」と言われたときの質問例は次の通り。
 「スーパー銭湯に行くと、いい気分になれるのでしょうね」
 「一番の楽しみはなんですか?」
 「最近はいろいろなサービスがあるのでしょうね」

 

→ こいうのが出来てなかったんですよね。切り口が違う。
  自分も興味をもって、その内容を掘り下げていく。これがいいんだと思います。

 

■はじめは会話が上手な楽しい方を相手に練習するといいでしょう。
 特に女性は感情表現が豊かで反応が大きいので、あなたの会話術がどれほど上達したかがよくわかり、練習相手にはぴったりだと思います。
 反対に、無表情で無反応な人を相手にチャレンジすると、全くうまくなっていない気がして、落ちこんでしまいますから、はじめからあまり大物を相手にしないよう注意してください。

 

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

 

 

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール

 

 

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール (すばる舎)

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール (すばる舎)