自分改造ブログ

本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

f:id:ncpapa:20150905211943j:plain

やるべき事に囲まれて、やりたい事に手が届かないあなたへ。

一流の実業家たちが毎日実践している、簡単セルフ・コーチング術。

【問題解決の4ステップ】

① いま直面している問題をすべて書き出す
② それぞれ「どうなればいいか?」と自分に質問する
③ それぞれ「どうすれば、そうなるか?」と自分に質問する
④ それぞれの答えをスケジュール帳に書き込む

 

この説明にやられまして、ぽっちと購入。
挿絵も多く、さくっと読める非常に読みやすい本です。

 

先日紹介しました、赤羽先生のゼロ秒思考の仕事術に内容としてかぶるところが多いです。特にその中でアウトプットするところ、整理するところを、異なる方式で記載されています。

action.hatenadiary.com

自分を見つめなおすということは、なかなか時間をとって出来ている人は少ないのではないかと思います。日々忙しいからというのもあると思うけど、実際には忙しい人ほどそうする必要がある。

その方法を簡単に教えてくれる本です。

 

?

 

以下に一部引用します。

 

■成功している人たちは「ひとり会議」をして、自分がすぐにでも行動に移したくなるような精神状態を、自分のチカラで作り出しているのです。

 

■今、あなたの目の前には無数の選択肢があります。そして好きな未来を、自由に選ぶことができます。しかし、そうしません。なぜなら、誰もが自分の過去のデータを参考にしながら、物事を判断し、選択

■すっかり過去の呪縛にはまっている状態です。無意識に選んでいるはずの、あれもこれも、実は過去からの延長線上にある結果なのです。

 

固定概念。実際はその塊なんだと思います。

  

■ひとり会議は、朝するのがおすすめです。乗り物に乗ったときなど。

 

朝の通勤などは実はひとり会議のおすすめ時間かもしれないと思いました。

 

■問題そのものは、たいした問題ではなく、問題が引き起こしている、この心の状態が問題なんです。
いらいらしているときは、次々といらいらすることが起きるんです。

 

精神状態の安定が重要だと感じます。

 

■「一度に長時間会う」より「時間を短く、何度も会う」方が人間関係を礼儀正しく、深くしていくことができるでしょう。

 

実際そうかもしれない。営業は頻度高く定期的に会うほうが重要なんだろうな

 

■日常でも「ひたすらがんばる」という考え方はやめて、まずは時間の流れから生まれるストーリーをイメージし、そのストーリーの主人公のような気持ちで行動していきましょう。

 

がんばるのもいいですが、その前にイメージなんですね。

 

■肉体的な疲れには、積極的な休みを。精神的な疲れには、新しい世界を。

 

新しい世界を常に取り入れなければ!

 

■「緊急だけど、重要じゃない」ことは、できればアウトソーシングしましょう。自分にとってはあまりやりたくないことだけど、そのことが好き!っていう人は、身の回りにきっといるはずです。あなたはワクワクすることに没頭しましょう。

こういう考えで、仕事を部下や周りに渡すのがよいと思う。

 

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

 

 

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書