読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分改造ブログ

本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

小説で読む自己啓発本

f:id:ncpapa:20150729213838j:plain

私の好きな作家だ。

夢をかなえるゾウ、昔読んだんですが物凄く面白くて心に残る小説での自己啓発書です。

最近電子書籍が出てて、安くなっているのと、人気も出てるのでちょっと案内を。

ファンタジー小説の自己啓発本です。
ポイントポイントで書いてあることは、一般的にでている数々の自己啓発本のどこかで書かれていることですので、そういった本をよく読む人は、まず聞いたことあることがのっています。
しかし、とてもおもしろくストーリー仕立てで書かれているため、心に残りやすい、読みやすいという特徴があります。
こういう内容の本は、本来心に残り、常に実践することに意味があります。
そういう意味で、他の自己啓発本に比べ、ストーリーが故に心に残りやすいというのは、とてもよいと思います。
また、TVドラマ化もされてますが、こちらも面白いですよ~。

 

?



■だいたい、自分の目指しとるレベルなんてたかがしれとるやろ。天下統一とか目指しとるわけやぁれへんのやろ? 年収が倍になるとか、パーティー行ったら、ちやほやされるとか、そんなんやろ?余裕やで

→ そうなんだよね。確かにそうなんだよ。それだけど、日々なにか困ったと感じることがあるんだ。どうでもよいレベルなんだよね。

■今まで、自分なりに考えて生きてきて、それで結果出せへんから、こういう状況になってるんとちやうの?

→ おっしゃるとおりです。

■「何ですか? 成功しないための一番重要な要素って何なんですか?」「成功しないための一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や。そんなもん、当たり前やろ。成功するような自分に変わりたいと思とって、でも今までずっと変われヘんかったっちゅうことは、それはつまり、『自分の考え方にしがみついとる』ちゅうことやんか」

→ やはり、本は読むべきです。たくさんたくさん読むべきです。

■「ざっくり言うとな、稼ぎいうんは、どれだけ他人の欲を満たせとるか、それが数字にそのまま表れとるんや。腹が減った、眠い、遊びたい、気持ちよくなりたい……人にはそういう欲があるわな。その欲を快適に満たして、その対価としてお金もらうんが今の世の中では『ビジネス』て呼ばれてんねや。

→ ようは、他人をどれだけ喜ばせた人かということ。それが対価に現れる。

■「人はな、わざわざ『○○が欲しい』なんて教えてくれへんのや。人が何を欲しがっているかをこつちが考えて、予想して、提案していかなあかんのや。人の欲満たす、いうんはそれくらい難しいことなんやで。

→ これが仕事です。

■『人が欲しがっているものを先取りする』ええか? とにかく誰かに会ったら『この人が欲しがっているものは何か?』ちゆうことを考えながら接してみい。そして欲しがっていること、求めていることをできるだけ与えるようにこころがけるか。

→ がんばらないと。

■「まあ自分みたいなんは、無理に笑わせようと気張らんでええ。むしろ笑わせようとすればするほど失敗するやろ。そんなことより、まずは、あなたと会えて楽しい、うれしい、そういう思いを持ちながら楽しゅう話してみいや。ええか?  『気分は伝染する』んやで。

→ 気分や雰囲気が重要なんですね。

■「トイレを掃除する、ちゅうことはな。 一番汚いところを掃除するっちゅうことや。そんなもん誰かてやりたないやろ。けどな。人がやりたがらんことをやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。 一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。分かるか?好きなことをしろなんて自分ら言われてきたんかもしらんけど――まあ好きなことするのも大事やけどな、それと同じくらい大事なんは、人がやりたがらんことでも率先してやることや。仕事できるやつらは全員そのこと知っとるで」

→ 反省せねば。

■上司から『これやつとけ』言われるからそれをやつて、とにかく反応して、反応して、反応し続けて一生終えるんや。そんなんで、自分の人生手に入れられるわけないやんか。自分の人生手に入れとるやつらはな、全部自分で考えて計画立てて、その計画どおりになるように自分から世界に働きかけていくんや。分かるか」

→ そのとおりだと思う。とにかく、自分で考えることが重要だ。

■「会社終わつたら自由やから遊んでええというわけやないねんで。むしろ逆やで。会社が終わったあとの自由な時間ちゅうのはな、自分がこれから成功していくために『自由に使える一番大切な時間』なんや。ええか、これからは仕事終わったらまつすぐ帰宅せえ。そんで一番大事なことに使えや。分かったか?」

→ 時間というのは有限です。これとにかく大事です。歳とれば取るほどに差になって現れます。これはすぐに効果のあるものではないので、継続するのは厳しいかもしれませんが、そのときは突如発生します。それも何年も何年も経ってから。

■「これからはな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたこと思い出して『ようやつたゎ』ってホメや。 一日のうち、絶対一つは頑張れてることあるから、それを見つけてホメるんや。 一日の最後はな、頑張れんかったこと思い出して自分を責めるんやなくて、自分をホメて終わるんやで。そうやってな、頑張ったり成長することが『楽しい』ことなんや、て自分に教えたるんや」

 → 一日の終わりは気持ちよく。

 

とにかく、この小説は面白いです。

す~っと頭に入りますよ。ぜひまだの方、読んでみてください。

そして、すでに読まれた方も、もう一度見直して見られると結構忘れている自分に気づくかと思います。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 

 

夢をかなえるゾウ スペシャル 男の成功編 [DVD]

夢をかなえるゾウ スペシャル 男の成功編 [DVD]