読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分改造ブログ

本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

“体内浄化法”の本家が教える、デトックス決定版

f:id:ncpapa:20150726111135j:plain

カラダ「毒抜き」革命

血液の汚れ、コレステロール、老廃物、添加物…。
体にたまった毒素を流し出し、気と血の流れをよくすれば、病気は治る! 
<体内浄化法>の本家・カリスマドクターが、病気・老化の原因を元から断つ、もっとも実践的でクスリいらずの健康法を、伝授する。

 

?



■精神的ストレスが身体症状を起こしている心身症は、高血圧、過敏性大腸炎、気管支喘息など、以前よりたくさんしられている。
最近では肝炎や膵炎、種々の婦人病、リウマチなどもストレスと関連しておこってくることも少なくない。

■ストレスのよる病気こそ、気の病。漢方医学では2000年もまえから病気の原因を気と血と水におき、その滞りが問題という説を唱えている。

■東洋医学では、発疹はすべからく汚れた血の原因を体表を通して外にだしてきれいにしようとする反応である。

■人間の歯の形からして、穀物、豆類を62.5%、野菜、果物を25%、魚、肉類を12.5%の割合で食べるのが健康的な食べ方。

■漢方医学には相似の理論という考え方がある。青白い顔の貧血気味の人には黒っぽい食べ物を十分に食べさせるようにする。高血圧で赤ら顔をした人は青白い食べ物を食べさせると良い。その人に欠落しているもの(色)を補ってあげるという考え方。

■生姜の健胃作用、保湿作用で結構が促進。

■水の滞りの症状、イライラ、口内炎、発疹、息苦しい、ヘルペス、アトピー、同期、子宮筋腫、リウマチなどなど。

■のどの不調、何か詰まっているような感じで、はこうにもはけずの症状は、気の滞りの典型的な症状。西洋医学的にはうつ病、神経症、ヒステリーの時にみられる症状。漢方では、半夏厚朴湯を処方するとよく効く。

■ヒステリー症状がおこったとき、乳房痛、下腹部の痛みを伴うことが多い。性的欲求不満を表現しているように思われる。

■陽性体質の人は一言で言うと筋肉が発達している人。陰性体質の人は、色白で水ぶとりで筋肉が少ない。女性のほとんどは陰性体質。体を温める食品は、ナトリウムの多い食べ物(塩など)。冷やすのはカリウム(酢など)の多い食べ物。

■食べ過ぎると胃腸の力がすべて消化、吸収の方へまわされ、排泄する力が落ちる。

■ニンジン、リンゴジュースは、ビタミン、ミネラルを存分に含み、吸収のよい糖分の入った超健康食です。

■生姜、医療用として使っている漢方薬150種類のうち約70%に生姜が含まれている。生姜なしでは漢方は成り立たない。

■生姜の副作用は数々の文献を調べてもほとんど見当たらない。