自分改造ブログ

社内IT部門(情報システム部門)担当、日々の悩みや葛藤 その中で、本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう

仕事の成果が激変する! 知的生産ワークアウト

f:id:ncpapa:20150804213749j:plain

普通のビジネスマンが違いを見せるために、
知的生産力を高めよう。そのための73のメニューを実践しなさいって内容です。

自分が人より出来るとかそういう違いを見せるには、
人と違うことをしないといけません。
しかし、その違いというのは、いきなり出るものはなく、日々のちょっとしたことの積み上げだと思います。

日々の成長を会社以外や、会社内においても、同じことをしているようでは、
人と違いと出していくことは不可能かと思います。
(ほんとの一部の才能がある人は別だとは思いますけどね。しかしそういうのは本当にまれだと思う。)

生産性の向上は、思い立ったらすぐにあがるわけではありません。
日々の試行錯誤が結果として時間とともに差になって現れると思います。

そうはいっても、努力ってただすればいいというものでもありません。
目標に向かって、適切な努力をするほうが、なんでもかんでも努力するよりは効率的です。
そのために、成功している人の事例を参考にするのは非常に有益です。

この本は、ノウハウをしり、テクニックをもって、必要な環境をいつでもつくるために
実践していってほしいことを73項目にわけて記載されています。

やりやすいものから、ここまでするものですか的な少々厳しいかなと思う内容もありますが、
ここまでやっている著者は独立して作家としてやっていけるのだなと思います。
全部とはいいませんが、この中の数項目でも実施して成長し、知的生産向上をはかろうと思う。

 

知的生産ワークアウト

知的生産ワークアウト

 

 

本文より一例を紹介します。

・起き掛けの朝刊を読むな
 一番景況を受けたい本を読め!
 文章というのは多かれ少なかれそこに書いていることに影響を受ける。
 言い方を帰ると伝染する。

・ネットカフェに1時間こもって雑誌をザッピングしよう。
 短時間に集中的にインプットし、時間がくるとさくっとやめる。
 情報中毒者にならないように。そのための強制措置。

・本屋の全ての棚に目を通せ。
 2,3ヶ月に1回はこれをしている。

・アウトプット能力を高めるために、日経の春秋など1600文字を毎日とにかく書く!